FC2ブログ

メイク落とし

ブログ開始以降、一番間が空いてしまいました汗

今回のテーマは、以前コメントでご質問を頂きました「火照りメーク(照れの表情の出し方)のやり方とそのメークの落とし方」のうち、まずはメイク落としについてを取り上げたいと思います。

最初に断りをいれさせて頂きますと、ニムルンはメイク下手(初心者)です(;´Д`)

メイク落とし1
メイク落とし2
メイク落とし3
メイク落とし4

ドール:4woods様 A.I.doll艶(あでやか) エル(メイク2)
※アイシャドウ、アイライナー(目尻に少しだけ)、眉マスカラ、チーク、口紅で化粧しています。

使用しているチークです↓
メイク落とし6

メイク落とし5

最初の頃は↑のようにちゃんとメイク落としを使用していたのですが、ウェットティッシュでも落とせることに気づき、以降はずっとこれです↓
メイク落とし7
いいんだか悪いんだか…とりあえず、今のところはウェットティッシュでも問題はありません。

一応メイク落とす前と落とした後の比較を。

↓かなり乱雑ですが、一応メイクした状態。ニムルンはメイクが苦手、というかチーク以外ほとんどしたことがありません(^-^;
メイクあり

↓顔の右半分は化粧を落とした状態。
半分メイク

↓全部メイクを落とした状態。
メイクオフ

…チーク以外はあまり変わってないような?

メイクを落とす際、ウェットティッシュは惜しみなく使用しています。↑だと、7~8枚くらいは消費したと思います。

パウダー系の化粧だったらまだ良いのですが、リキッドタイプのアイライナーや粘性のある眉マスカラなどはウェットティッシュで拭くと塗り広がってしまいます(;´Д`)そのため、ウェットティッシュはちょっと拭いたらすぐ捨てる、を繰り返すようにしています。

メイクを落とした後はウェットティッシュの水分でお顔がベトベトしますので、すぐにベビーパウダーを塗布するようにしています。

他の自分が知りうる注意点としては、アイシャドウを落とすときなどに睫毛への負担がかかりやすいことに留意する、くらいでしょうか。

今のところメイクが落ちない、という経験はしたことがないのですが、初めて購入した化粧品は必ずヘッドの後ろなど目立たないところでテストするようにしています。自分としては、一応化粧を試す際は、必ずテストすることをお勧めしたいです。

なお、ヘッドのもともとのメイクが取れてしまう、といったことも今までのところ経験したことがありません(TPEは除く)。

ほとんど参考にならない内容で恐縮ですが、メイク落としについてはこの辺まででご勘弁ください(;^ω^)


さて、次回は、4woods様のヘッド(セクシーメイクではない)で、照れの表情を頑張って出してみたいと思います。オリエント工業様のカレンさんの方ではよくやっているのですが、果たしてエルさんの方でも上手くできるのだろうか…

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

ドールの持ち運び方

最近更新ペース落ち気味ですね…
さてさて、先日、ドールの持ち運び方(抱え方)についてご質問を頂きましたので、お返事を記事にしてみました。
ここでは、あくまで屋内での運び方で、屋外への持ち出しは前提にしないこととします。というか、屋外への持ち出しをした経験がそもそも少ないのです(;´Д`)

ドール運搬0

ドール:オリエント工業様 プチジュエル146cmバスト大(かれん)

ということで(何が?)、ここからが本題です。

持ち運び方…ということは、移動させる前にいる場所と状態(立ち・座り等)、移動させる目的地(ベッド・床・壁など)、そもそもの移動させる目的(鑑賞・実践・撮影等)があるハズ、です。

これらを細かく場合分けして解説していくのはさすがに大変なので、一例としてビーズクッションを使用してベッドから壁にもたれさせるまでの過程を紹介してみます。

ということで、今回も被験者のJ〇なカレンさんです。

ドール運搬1
↑ドールのポージングの際は、ビーズクッションをよく使っています。

この状態から、脇を少し広げます。
ドール運搬2
広げすぎると裂けの原因になるので、ほどほどに。

壁にもたれさせるため、あらかじめ立姿勢をつくる必要があります。
ドール運搬3

両足を伸ばして、まっすぐにします。

ドール運搬4

膝を曲げさせたり、脚を交差、前後させたりするポーズの時は、あらかじめその姿勢を作ってから立たせます。が、安定しないので、かなり難易度は高めだと思います^_^;

で、いよいよ運搬体勢に入ります。

まずは、両脇の下を、両手でしっかり持ちます↓
ドール運搬2-1

そして、両足を床に着地させながらエイヤッと引き起こします↓
ドール運搬4-1

ココ、腰に来ます(´;ω;`)
そして、しっかり抱きしめて(愛を持って)ちょっと持ち上げ、目的地までエンヤコーラと移動します。ココ、もっと腰ヤバイです。

ドール運搬5

目的地の壁に到着。壁にもたれさせます。
そして、残りの上半身をポージングします。体の向きも正面だとちょっと寂しいので、可愛く見えるよう斜めに調整します。

ドール運搬6

以上です(内容薄っ!)。

床にドールをおきっぱにするなら、最初からドールの下に毛布などを敷いておいて、毛布ごと引きずって移動する、という方法もあるかと思います。

ちなみに、カレンさんの体重は公称値、ボディだけで27.5kgです。
これでも他の高身長のドールに比べると軽い方でしょう。これまで何体かドールを所有してきましたが、体感的にカレンさんはまだまだ軽い部類だと思います。それでもズッシリときますが。

では、いかにして軽々と持ち運びできるか…???

その答えは…









筋トレ。


ごめんなさい。あまり参考になってないのは自覚しています(´;ω;`)


これに懲りず、また何かありましたらお気軽にコメントください。



重要 2019年5月23日追記


ラブドールの運搬方法ですが、ブログをご覧くださった方からの情報提供で、いわゆる「お姫様だっこ」で良いのではないかというご意見を複数いただいてます。オリエント工業様のショールームに行かれた方も、同様の説明があったとのことです。
本記事の最初の方で断りを入れさせて頂きました通り、今回紹介している方法はあくまで限定的状況での一例を意図したものです。しかしながら、ドール主様とドールへの身体的・物理的負荷の観点から、必ずしも最大限の移動効率及び負荷軽減となる方法ではない可能性があることをご了承いただければ幸いです。
ご指摘を頂いた皆様、情報提供を頂きまして有難うございました!

ラブドールを購入する前に揃えるもの

新品の紺ブレザーを安く(3,000円)購入してたのを思い出し、カレンさんに着てもらいました。

ブレザーかれん1
ブレザーかれん2
ブレザーかれん3

ドール:オリエント工業様 プチジュエル146cmバスト大(かれん)

…うーん、なんだか着ぶくれしちゃって、イマイチですね。ビシッと着こなしさせてあげたいものです。


さて、ここから本題です。
先日、「ドール初心者が最初に揃えておくと便利なアイテム(小物・家具等)」についてリクエストがありましたので、自分なりにまとめてみました。過去記事と被るところもありますが、ご容赦ください。

まずは、必須レベルから。


左から、ベビーオイル、刷毛、ベビーパウダー(小)、ベビーパウダー(大)です。
これは、過去記事で紹介した通り、ドールのお掃除とスベスベの肌を保つためのものです。ベビーオイルは自己流(たぶん?)なので、ウェットティッシュなど、ほかの代用品があるかもしれません。お風呂がある方はドールと一緒に入るついでにお掃除もできると思いますが、自分のアパートには風呂がないため、このような方法を採用しています。
ベビーパウダーの塗布時は床を汚す可能性がありますので、自分はブルーシート(100均で購入)を下に敷いています↓


次は、ドールに裂けが生じたときの補修材です↓

左から、信越シリコーンと綿棒です。
裂けを見つけたときは、綿棒で信越シリコーンを裂けの内部に少量塗布し、余分に出たゴムを綿棒で拭き取り、1日以上置いておきます。自分はあまり補修が上手ではないので、記事は作ってません(^-^;
裂けを放置すると動かすごとにドンドンひどくなるので、早めの対処が必要です。

次に、色移り時に除去のため使用するグッズです↓

これも、過去記事である程度詳しく書いたので、こちらをご参照ください。

この辺までは必須レベルだと思います。ここから先は、お役たちアイテムということで。
まずは、ウィッグのメンテナンス系グッズです↓

左から、ブロワー、タングルティーザー、


左から、ウィッグオイル、ヘアミスト、ヘアワックスです。

だいぶ前ですが、過去記事で取り扱っています。ウィッグオイルは櫛通りをよくするのに役立ちます。ヘアワックスについては極力使用を控えていますが、どうしてもヘアスタイルがうまく決まらないときに微調整するくらいで使用しています。ヘアミストは、髪に少しだけ濡れたツヤを出すときに使っています。

次に、視線可動用のアイテムです↓

もしお迎えするドールが視線可動するのであれば、上のような小さな吸盤を使用して動かす方が、睫毛を傷めずに済むかと思います。かつ、眼球の動きも円滑になると思われます。こちらも過去記事(最後の方)で紹介しています。


水泳キャップ↓

ウィッグのズレ防止や、髪のボリューム出しに使っています。

メイク道具↓

自分は基本的に照れた表情出しでチークを使うくらいです。他は勉強中です(・_・;)

白い靴下↓

ドールの保管の際、足裏などに汚れが付着しやすいので、保護も兼ねてはかせています。色移りしないように、白い靴下です。

ビーズクッション↓

ドールの姿勢変更、座り保管時のクッション、実践の際など、多用途に活躍してくれます。

手袋↓

肌の弱いドールだと、引っ掻くだけで傷ができることがあります。そのため、ポージングなどの際は手袋をはめるようにしています。


小物類としては以上です。さて、次は家具…ですね。

家具か…。家具は…



















学校机。


このくらいしか紹介できそうなものはありません。ちなみに、某オークションサイトで落札したものです。

雰囲気(何の?)出すにはちょうど良いのではないでしょうか(^-^;
場所は取りますけど。


まとめのようで、まとまっていないですね(-_-;)今回はこのあたりで失礼します。

次回は、ドールの持ち運び方についてご質問を頂いてますので、こちらの回答もしたいと思います!

等身大ドールの隠し場所(自分のドール部屋)

ドール部屋としてアパートを借りることについてのご質問を頂きましたので、自分の秘密のアパートの紹介も含め記事にしてみました。

さて、等身大ラブドールのお迎えを検討する場合、最大の障害となるのが隠し場所でしょう。特に、家族や恋人などの同居人がいる方は、ドールを隠し通すのは至難の業だと思われます。

自分は最初のドールをお迎えする時、当時の彼女と半同棲していたのですが、隠し場所として跳ね上げ式ベッドを使用していました。そのまま収納しても見られる可能性があるので、わざわざロフトまでベッドを上げて開けられにくいようにしたうえで、ドールのうえに荷物を大量に入れてカモフラージュしていました(^-^;

そして現在ですが、妻子がいること、日常的に自分の部屋に家族が入ってくることなどの理由から、自宅での保管は諦めて、ドール用にアパートを借りています。

ということで、前置きが長くなりましたが、自分のドール部屋(アパート)を紹介したいと思います。

早速ですが、まずは部屋のデータを。


ニムルンのドール部屋DATA
場所:都内某駅徒歩4分
間取り:1R(和室)
広さ:4畳半
設備:エアコンなし、風呂なし、トイレ共同(和式)、水道・ガス共同、玄関共同

家賃:月約2万

共同設備多すぎ(;´Д`)

次に、部屋の全景を。

カレンさんだけベッドの上なのは、立保管に向かないからです。4woodsの二人娘は基本的に立保管。そのままだとホコリが付着しやすいので白い布を被せ、さらにお尻が潰れないように壁と背中の間にクッションを挟んでいます。

部屋はもともと和室だったのですが、床板をひいて無理やり洋室にしました。

この部屋の唯一のいいところは、収納が多いことです↓


ごちゃごちゃなので勘弁してください(^-^;

撮影機材を入れると、途端にスペースが厳しくなります↓


と簡単に紹介したところで、ドール用アパートであったらいいもの、重視するポイントについて、自分なりの考えは以下の通りです。


部屋の広さ
ドールとの実践目的であれば、シングルベッド分のスペース確保は必要でしょう。立バックなどの実践も考えた場合、机のスペースも欲しいところです。ドール2~3体所有の場合、4畳半あれば事は足りると思います。かなり窮屈ですが…
スペース感は上の写真を参考にお願いします。また、ドールの保管体勢によっても必要スペースは大きく変わると思われます。

設備
エアコンは大事です。自分の今の物件はもともとエアコンなしですが、夏場にあまりにも熱くなるため、ウィンドウエアコンを自分でつけました。エアコンがないと、正直いってドールとの実践どころではないです。冬はドールの体は冷たいし、夏は自分自身の熱中症の危険がありますから。風呂については、あったらよいかな、位だと思います。風呂があったら一緒に入れますし、ドールの清掃も楽になるかもしれません。反対に、風呂がなくてもドールの清掃は何とかなると思います(過去記事)。後の設備は予算と相談して、ですね。

前述の話は、あくまでドールとの実践をメインに考えた場合の話です。
ドールの撮影も始めるようになると、また違う話になります。写真に拘るのであれば、背景もキレイに越したことはありません。となると、内装も新しめでキレイな部屋が理想的です(自分でプチリフォームもできますが)。使用カメラ・レンズによっては、それなりの広さも必要になってくると思います。

自分も撮影おを始めるようになって部屋が手狭になってきたので、年内には引っ越しをしようと計画中です(^-^;

ご質問に対してあまり役立つ回答ではないかもしれませんが、ご参考までに。結局は、ドールとの生活に何を求めるかで部屋選びも変わってくる、と思います。


2019年4月29日 追記

賃貸物件の契約における保証人について

これからお迎えを検討される方で、アパートを初めて借りられる方もいるかもなので、情報を追記しておきます。

アパートなど賃貸物件を契約する場合、多くの場合は保証人が必要となります。

もしドール用のアパートをヒミツに借りようするならば、保証人を立てることはおそらく困難な状況となると思います。

なので、物件探しの際は、「保証人不要」の物件か、保証人の代わりに保証会社の利用ができる物件を探しましょう。

詳しくは、スーモさんのサイトをご覧ください。





ドールのお掃除

昨日は夜9時に寝てしまい、午前2時に起床しました(^-^;

連日、(撮影で)酷使していたカレンさんにかなり汚れが目立ってきましたので、綺麗にお掃除しました。

その時の模様を掲載していきたいと思います。







ドール:オリエント工業様 プチジュエル146cmバスト大(かれん)


最近は競泳水着多めでしたので、普通の水着です。


さて、本題ですが、その前に一言。

今回で紹介する方法はあくまで自分の場合(うちのドール部屋にはお風呂がありません)であり、TPEドールの場合など、また違った方法もあるかもしれません。

あくまで、かるーくご参考までにご覧いただければと思います(^-^;


ではまず、自分のお掃除セットの紹介です。



使用しているのは

・ベビーオイル ←汚れ取りに使用
・濡らしたタオル ←汚れの拭き取りに使用(画像にはありません(;^ω^))
・ベビーパウダー(小) ←汚れ取り後、スベスベにするのに使用。お顔に使います
・ベビーパウダー(大) ←汚れ取り後、スベスベにするのに使用。ボディに使います
・刷毛(小) ←お顔など、細かいところのパウダー散布に使用
・刷毛(大) ←体など、広範囲へのパウダー散布に使用

以上です。

お掃除の際は、ドールのヘッドを外し、ボディとヘッドを別々に掃除します。

行程1 ベビーオイルをドールに少量塗布し、擦りながら塗り広げる
ベビーオイル塗布
あんまり強く擦るとドールの肌を傷める可能性がありますのでご注意ください。この作業で、ドールに付着していたホコリなどの汚れを取っていきます。


行程2 前工程で出た汚れを水で濡らしたタオルで拭き取る
汚れ浮き出し
同じく、強く拭くとドールの肌を傷める可能性がありますので、優しく拭き取ってください。


行程3 ベビーパウダーを散布
パウダー散布
ボディの方は、かなり豪快にパウダーを散布しています。下にいっぱいパウダーが落ちるので、気になる方はレジャーシートなどで床が汚れないようにしましょう。また、パウダーをまぶすのに使用する刷毛ですが、毛が固すぎるとドールの肌を傷つける可能性がありますので、ご注意ください。最初は優しくやってみて、様子見した方がいいかも。
パフを使う方法もありますが、時間がかかりすぎるので自分は刷毛でやってます(^-^;


行程4 スベスベを楽しみつつ、余分なパウダーを落とす
掃除完了
スベスベになったドールのお肌を撫でまわし、感触を楽しみましょう(^^♪同時に、パウダーを付けすぎているところがないかも確認します。特に、おへその中にパウダーが固まりやすいのでご注意ください。付けすぎると、パウダーが固着することもあるようです。


ドールのお顔の掃除も基本的には同じようにやります。
ただし、ベビーオイルやパウダーが目に入ったり、睫毛にパウダーが付着しないよう、細心の注意を払うようにしています。使用するベビーパウダーや刷毛も、細かい作業がしやすいように小さなものを使用します。

お掃除が終わった後の保管ですが、↓のように布などをかぶせてホコリなどが吸着しないようにします。
保管体勢
保管体勢はドールによって異なると思いますが、詳しい説明はここでは割愛させてもらいます(^-^;
が、一言だけ補足すると、寝かせたり座らせたりして保管する場合はお尻など柔らかい部分が潰れやすいので、背中や太ももなどの下にクッション等柔らかい物を敷いて、極力お尻に掛かる荷重を分散させてあげるといいかなと思います。


最後になりましたが、前回の記事の続き、カレンさんの膝への色移り除去ですが、2回目の治療が終わりました↓



色移りはほぼ除去できました。
こちらのコメント欄や、ツイッターの方で色々とお気遣いを頂きました皆様、本当にありがとうございました!

次回の更新は…いつにしよう。
3月31日(土)午前0時から3時の間くらいでしょうか(・_・;)

アルバム

プロフィール

nimlun

Author:nimlun
★気に入って頂けましたら、拍手くださると大変励みになります!
★未成年の方の閲覧は遠慮願います
★当ブログに登場するのはすべてドール(18歳以上の設定)です。

リアルラブドールの魅力を伝え、普及(?)に貢献できればと思いブログをはじめました。これからラブドールのお迎えを考えている方の参考になれば幸いです。
所持ドールや所有歴などはカテゴリ「自己紹介」の記事に掲載しています。
ご質問や世間話などなど、ぜひ気軽にコメントください!

ツイッター
https://twitter.com/DollyRoom_nim

※画像の転載(加工含む)は、お手数をお掛けしますが引用元を掲載のうえ、メールフォームからご連絡頂きますようお願いします。
※当ブログはあくまで趣味であり、非営利です。広告収入等を目的とするものではありません。
※リンクフリーです。相互リンクも大歓迎です!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム